かってな語学日記

日本語、外国語、言語学、文字、その他いろいろな語学のこと

日本語の悩み

はじめに

 日頃文章を書いていて、日本語ならではの悩みにぶつかることがある。ひらがな、カタカナ、漢字の3種類の表記体系を混ぜて使っている、日本語ならではの困ったこと。今回はとりあえず2つほど。

ひとりひとり

 「それぞれ」「一人ずつ」のような意味での「ひとりひとり」。ふと使おうと思ったとき、どこまで変換するかで少し迷う。〈一人一人〉って書くとなんか変な感じがするので、結局のところ〈ひとりひとり〉か〈一人ひとり〉に落ち着くことが多いような気がするけど、実際自分でも毎回何て書いてるのか分かってない。

 大修館書店が運営する漢字文化資料館というサイトに、これに関連したQ&Aがあった(「一人一人」と「一人ひとり」とは、どう違うのですか?|漢字文化資料館)。ここでは無理に一つに決める必要はない、と結論付けられていて、それは確かにそうなんだけど、それでは若干納得できないような…。

 似たような問題で「こうたいごうたい」をどう書けばいいか迷ったことがあった。そもそも〈こうたいごうたい〉と打って変換しようとしても、上手く変換されない。それで、もしかして一般的な言葉じゃないのか? と思って検索すると、自分のほかにもどう書けばいいのか分からない人がいて安心した。「ひとりひとり」が〈一人一人〉と書けるように、こちらも〈交代交代〉あるいは〈交替交替〉と書けば良いらしい。〈交代〉と〈交替〉だと意味が違うのでは? と思ってたけどこれも調べたら勘違いで、『漢検漢字辞典(初版)』では一つの見出しにまとめて書かれている。

 どちらの場合も、漢字に変換しようとしたときに、違和感があった。でも多少の違和感は我慢して、漢字で書いたほうが、字数的にもスッキリしていいかもしれない。「こうたいごうたい」なんて全部ひらがなで書くと長すぎるし。ただ漢字ばっかり連続すると逆に読みにくくなることもあるから、また悩む。漢字が多いな~と思ったら〈ひとりひとり〉、ひらがなばかりになるな~と思ったら〈一人一人〉、間をとって〈一人ひとり〉とか、選択肢が多すぎる。自由に書き方を選べるのは良いところだけど、その自由さ故に悩んでしまうこともある…。完璧主義な私はどんな場合にせよ一つの書き方に決めたい! と思うのだけど、なかなか難しい。

 一人、二人、3人?

 ブログはたいてい横書き。横書きのときの数の表し方について、『新しい国語表記ハンドブック(第7版)』によると、原則としてアラビア数字(1234567890)を使う、ただし「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」などと読む場合など、いくつかの場合には漢数字を使うと書いてある。〈1つ1つ〉〈2日酔い〉〈3日3晩〉のように書くのではなく、〈一つ一つ〉〈二日酔い〉〈三日三晩〉のように書くということ。

 しかしこれに倣うとすると、〈一人〉〈二人〉までは漢数字なのに、〈3人〉はアラビア数字になってしまう。どちらも人を数えているのに、漢数字とアラビア数字を混ぜて使うのが、どうしても変に感じてしまう。『新しい国語表記ハンドブック』には、〈一般〉〈一部〉のように数の感じの少なくなった場合にも、漢数字を使うと書いてある。そうなるとますます、漢数字とアラビア数字が混在する可能性が高くなる。そもそも「数の感じの少なくなった場合」とは!? 〈もう一度〉とか漢数字で書く場合が多いけど、〈一般〉や〈一応〉とかに比べると、割と数の感じが残っている気がするような。

 とはいえさすがに〈1般〉や〈1応〉などと書くのはおかしすぎるし、漢数字でしか書けないものもあって二つの表記法を混ぜて使うのは仕方ない、ということは分かる。でも〈1個〉はアラビア数字なのに〈一人〉は漢数字だとか、どうも変な感じがぬぐえない。そこで迷ってしまって、あるときには〈一人〉と書き、またあるときには〈1人〉と書くという、適当な感じで文章を書いてしまっている。それが自分にとって許しがたいことで、いつかは解決したいんだけど、これがなかなかに難しい問題。

 

 この問題をさらにややこしくする要素がいくつかある。「ひとつ」や「ふたつ」ではなく「いち」「に」などと読む場合はアラビア数字で書くのかというと、これがそうとも限らず、四字熟語の場合には〈一意専心〉〈二束三文〉のように漢字で書くのがふつう。書籍のタイトルも、〈第七版〉→〈第7版〉のように書き換えるのならまだしも、タイトルそのものは勝手に変えられない。森博嗣著『六人の超音波科学者』は縦書きでも横書きでも〈6人〉ではなく〈六人〉のままである。ここまでくると、『新しい国語表記ハンドブック』に書いてあるのは一体なんだったのか、という気さえしてくる。

 しかし、文章を書き続けていくのなら、何か一貫した決まりがほしい。適当に書くのはどうも……ということで、かくなる上は、(1)『新しい国語表記ハンドブック』に従って、多少の違和感には目をつぶって、〈一人〉〈1個〉のように書き分ける。(2)自分が違和感を持たないような書き方の決まりを、自分で作る。(3)時と場合によって〈こと〉と〈事〉あるいは〈とき〉と〈時〉などを使い分けているので、もっと柔軟に考えて、細かい表記の違いも許すことにする。このどれか。

 今は(3)に近くて、しょうがないかと半分諦め風味で、でもやっぱり違和感が~というところでウロウロしているような感じ。このまま違和感を受け入れていく方向になるか、(1)や(2)のように表記を統一できるかは今後の自分のやる気次第。

おわりに

 英語だったらこんな悩みはなかなかないと思う。日本語ならではの悩み。しかしこういうところが、日本語の面白いところでもあって、表記の使い分けは面倒だけど、言語学的には興味をそそられる。逆に英語には英語ならではの悩みがあったりするんだろうなとか、日本語の悩みにしてももっとほかにもあるはずで、今後も思い出したときにこうやって記事にしておきたい。

四季の語源

はじめに

 増井金典さんの『語源を楽しむ 知って驚く日常日本語のルーツ』(以下『語源を楽しむ』と略記)という本を図書館で借りてきて、少しずつ読んでます。タイトルを見て「日本語の雑学本かな?」と思ったけど、予想に反してしっかりと日本語の語源について書かれてる。「はな(花)」「あお(青)」「みず(水)」「まる(丸)」のような、とても単純な、ごく短い語の語源が非常に興味深い。例えば「まる(丸)」はman(満)が音韻変化を起こしman→maruとなったとか。

 こういう身近な言葉の語源について知れる本を探してた。この本はなかなか良い。余計なことは書かれてなくて、ただひたすらジャンル別に語源を説明しただけの本。何はともあれまだ読み始めたばかりなので、感想はここまでにしておいて、最初の章のコラムに書かれていた「春」「夏」「秋」「冬」と四季を表す言葉の語源が面白かったので、今回はとことん四季の話。

日本語の四季の語源

 『語源を楽しむ』によると「春」と「秋」、「夏」と「冬」でそれぞれ意味が対になっているらしい。

 「春」は田んぼに水をハル(=張る)ことから、「秋」は収穫が終わって田んぼがアク(空く)ことから、という風に説明されている。「春」のほうにはもうひとつの説として「木々の芽がハル季節」とも書いてあったけど、確かに「春」と「秋」で対応しているほうが納得がいきますね。

 「夏」は「あつい(暑い)」や「ねつ(熱)」などと同語源と思われ、「冬」は「冷ゆ」が音韻変化したというのが定説、とのこと。これも熱:冷で語源が対応していることになる。「夏」「暑い」「熱」が同語源というのはなんとなく感じるところだけど、「冬」<「冷ゆ」のほうは思いもよらなかった。

 それにしても「春」と「秋」、「夏」と「冬」で、これほどぴったりと語源的な対応があるのが驚き! 何気ない言葉の語源を探究する面白さはここにある。誰かが適当に決めたわけじゃなくて、今は忘れ去られてしまった元々の意味があり、意外なことに整然とした仕組みの元に成り立っていたりする。

 さらに面白いのは、その語源をいろいろな言語で比べること。するとまた、意外なつながりが見えてきたり、よけい謎が深まることもあるけど、面白いんですよ。

 印欧語の四季の語源

 印欧語とは印欧語族インド・ヨーロッパ語族)という系統に属す言語の総称。印欧語族はとても大きなグループで、調べてみると意外なところでつながっているということを強く実感できるので好きです。

印欧語の「春」と「夏」

 まずは「春」から。ロシア語のвесна{vesna}、イタリア語のprimaveraなど〈v〉が入るものは印欧祖語の*wesr̥に遡ると思われる。面白いのは、「夏」を表すリトアニア語のvasaraやスペイン語のveranoなども、同じ語源に遡ると考えられること! 昔はその区別がなかったんだろうか。リトアニア語のpavasaris「春」とvasara「夏」を見ると、「夏」から「春」が派生したっぽい。イタリア語のprimaveraも〈vera〉に〈prima〉を付けて派生させたような感じに見えるし、その辺りは「春」と「夏」が対応してて、日本語の語源とはまた違った対応になっているのが興味深い。

表1: *wesr̥に遡ると思われるもの
ロシア語 весна{vesna}
ポーランド wiosna
リトアニア pavasaris
アイスランド語 vor
スウェーデン vår
アイルランド語 earrach
ウェールズ語 gwanwyn
ラテン語 vēr
イタリア語 primavera
ルーマニア語 primăvară
アルバニア pranverë
ペルシア語 بهار {bahār}
ヒンディー語 वसंत{vasant}
リトアニア vasara
スペイン語 verano
ポルトガル語 verão
ルーマニア語 veră
アルバニア verë

 「春」と「夏」が対応している例はほかにもある。クロアチア語のproljeće「春」とljeto「夏」やブルガリア語のпролет{prolet}「春」とлято{ljato}「夏」などを見ると、これらは*wesr̥系列とは別の語源だけど、やはり「夏」から「春」のほうに派生しているように見える。印欧語族以外では、トルコ語のyaz「夏」に対してアゼルバイジャン語のyaz「春」だとか。

 もともと「春」と「夏」の区別などなく、一年のうち「暖かいほうの季節」と「寒いほうの季節」の区別しかなかったのでは? とすら思わせるこの不思議な対応について、前に何かの本で説明されているのを読んだ気がするのだけど、何の本だったか忘れてしまった。でもきっと何かあるんですよね。

 アイルランド語のearrachやウェールズ語のgwanwynが本当に*wesr̥に遡るのか、どうやってそんな風に変化したのかというのは気になる。出典はないけどwiktionaryによると同語源だと思われる。アイルランド語ではwがfになる変化を起こしていたり、ほかに印欧祖語のwが消失している語もいくつかあるので、そこまで変には思わない。ウェールズ語のほうは私にはさっぱりなので、誰か知ってる人がいたら教えてください。

印欧語の「秋」と「冬」

 「春」と「夏」が対応していて「秋」と「冬」が対応しているのかと思いきや、「春」と「夏」に比べると、「秋」と「冬」の対応はあまりハッキリしない。「冬」は同じ語源に遡ると思われる語が多く、印欧祖語の*ghei-という語根に遡る。

表2: *ghei-に遡ると思われるもの
ロシア語 зима{zima}
ラトヴィア語 ziema
アイルランド語 geimhreadh
ウェールズ語 gaeaf
アルバニア dimër
ラテン語 hiems
フランス語 hiver
ペルシア語 زمستان {zemestān}
チェコ語 podzim
アイルランド語 fómhar

 またしても、アイルランド語ウェールズ語はよく分からない。wiktionaryによると同じ語源になっているのでとりあえず、ここに置いておく。詳しく知ってる人がいたら教えてください。

 チェコ語のpodzimのpodは、英語だとunderつまり「下に」の意味で、チェコ語で「冬」がzimaなので、podzimは「冬の前にくる季節」だと解釈できる。アイルランド語のfómharも、詳しくは知らないけどどうやら「下に」+「冬」で「秋」という構成らしい。ほかの言語でもこういう対応があっても良いんじゃないかと思うけど、「秋」には別の語源をもつ言葉を使っている言語が多い。それだけ「秋」が特殊な季節だったのか…?

 ロシア語やチェコ語やペルシア語で語頭音が〈z〉となっているのはこの〈g〉が硬口蓋音だったから。簡単に言うと、印欧語族の中で、この硬口蓋音がkやgになった言語と、sやzになった言語がある。ロシア語やペルシア語などは後者。ラテン語アイルランド語は前者。ただしラテン語では〈h〉が入っているために、ただの〈g〉とは違った音に変化してgh>hとなった。たとえばhabēre「持つ」という動詞は印欧祖語の*ghabh-に遡り、英語のgiveと同語源。

 C.WatkinsのThe American Heritage Dictionary of Indo-European Roots, Third Editionによると*wesr̥の意味はspringつまり「春」で、*ghei-の意味はwinterつまり「冬」になっている。日本語だと「春」や「冬」という言葉自体に語源があって、それが「田んぼに水をハル」や「冷ゆ」から来ているということだったけど、印欧祖語の場合はどうなのか。いろいろな言語の「春」と「冬」がそこに遡ることはいいとして、じゃあそこから先は? 「春」や「冬」という概念にいきなり特別な語を与えたのか。どうして*wesr̥や*ghei-という音が選ばれたのか。気になる。同じように、日本語も「張る」の語源は?「冷ゆ」の語源は?とまだ先を求めることもできる。気になりだしたらきりがないですね。

おわりに

 とりあえず今日はここまで。しかし、ほかにもいろいろあるんですよね。書き足りなかった感はあるので、また続きを書きたい。いざ書こうと思ったら時間がかかりすぎて、一度にあまりいっぱい書けなかった…。「春」と「夏」がいつも対応しているわけでもないし、日本語と同じように「春」と「秋」、「夏」と「冬」が対応している言語もある。5つ以上の季節に分かれているところや、4つも季節がないところもある。表1でヒンディー語を出したけど、ヒンディー語だと雨期を表す語もあるので、四季ではないです。いろいろな季節を表す語のこと、もっとよく知りたい。

 毎週日曜日更新、と決めておいて2週連続で書けなくてすみませんでした。まだ作ったばかりだけど、ちょくちょくアクセスが入ってて有難いのに申し訳ない。

スラヴ語はマイナーなのか

 最初の記事でスラヴ語がとくに好きと書いたので、まずスラヴ語について何か書こうと考えて「スラヴ語はマイナー言語なのか」というテーマが思い浮かんだので書きます。結論から先に言うと、自分は、スラヴ語はマイナー言語だと思います。

 

スラヴ語とは?

 まず「スラヴ語って何?」という人のためにちょっと説明しておきますと、〈スラヴ語〉というのは、ひとつの言語を表しているわけではありません。〈スラヴ語派〉というグループに属す言語の総称です。後述するように、東スラヴ語、西スラヴ語、南スラヴ語の3つに下位分類されます。〈東スラヴ語〉というのも、このグループに属するロシア語ウクライナベラルーシなどの総称です。〈スラヴ諸語〉とも言いますね。自分は〈スラヴ語〉という呼び方のほうがシンプルで好きなので、こっちを使ってます。

 以下、〈東スラヴ語〉〈西スラヴ語〉〈南スラヴ語〉3つのグループに分けて、マイナーなのかどうかについて自分なりの印象を書いていきます。自分的には学習・研究の意味合いで関わることが多いので、とりあえず今回は参考書の数を中心に考えていきますね。

 

スラヴ語の参考書

東スラヴ語

 このグループに属する主な言語はロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語です。

 ロシア語はスラヴ語の中では一番のメジャー言語でしょうね。〈スラヴ語〉ということばを聞いたことがなくても〈ロシア語〉と聞くと具体的に「ロシアの言語だ」ということを大体の人がイメージできると思う。参考書の類もロシア語はかなり充実してるので、初心者にも非常に学びやすい言語です。自分は最初スロヴェニア語からスラヴ語に興味を持ったんですが、圧倒的にロシア語のほうが参考書の数が多く、ロシア語の学習のほうがかなり捗りましたね。

 とはいえ、ロシア語がメジャーだと言えるのはあくまでもスラヴ語の中でいえばという感じで、英語やフランス語や中国語といった大言語と比べると、参考書の少なさに泣きそうになります。辞書にもうちょっと種類があれば嬉しいんですが、あまり種類がなく、フランス語や英語のように新しい版が積極的に作られているわけでもない。ただスラヴ語の中でいえば本当に有難い参考書の多さで、書店へ行ってもロシア語だけで棚ひとつ作られるくらいなので、スラヴ語はマイナーだとしてもロシア語はメジャーとして特別扱いできるかもしれませんね。

 ウクライナ白水社のニューエクスプレスシリーズから入門書が出ています。有難いですね。ほかに単語集、辞書も出ていますが・そう種類がないので選り好みできないんですよね。ベラルーシはこれがまったくと言っていいほど参考書がないんですが、大学書林から出ている『ベラルーシ語基礎1500語』は小文法もついていてかなり有難い本でした。

西スラヴ語

 このグループに属する主な言語はポーランド語、チェコ語、スロヴァキア語など。

 ロシア語に次いでポーランドチェコ語は結構参考書が出ています。とくにチェコ語はその質が良い。ポーランド語もなかなか充実していて言語の難しさはさておくとして、初心者にも入りやすいと思う。スロヴァキア語はかなり詳しい『スロヴァキア語文法』が出ていますね。本当に有難い。これは非常に詳しくまとまっていて良い本。

 参考書の質と量のバランスを見ると、西スラヴ語はなかなか良い品ぞろえ(?)で、マイナー言語と言ってしまうにはちょっともったいないですね。それでも自分的にマイナーの範囲にとどまってしまう理由は、とにかく辞書の種類が少ないということですね。大きなサイズの便利な辞書がほしい。外国語学習はともかく、研究しようと思ったらやっぱり詳しい辞書がほしい。それも日本語版で。西スラヴ語のうちソルブ語は大きな辞書が出ていて羨ましい。これ、まだ実物を確認できてないんですが、かなり役に立ちそうなんですよね。ほしい。

南スラヴ語

 このグループに属するのはスロヴェニア語、セルビア語、クロアチア語ブルガリア語、マケドニア語など。

 自分がスラヴ語に興味を持った最初のきっかけがスロヴェニアでした。スロヴェニア語の面白さはまた別の機会にでも語りたいと思いますが、知ったのは図書館で語学書をあさっていて、ふと『スロヴェニア語入門』という本が目に入ったから。単語集も出ていましたね。

 セルビアクロアチア語も、種類は少ないものの良い参考書があります。『セルビア語読解入門』とか『クロアチア語ハンドブック』とかですね。ブルガリアもニューエクスプレスから出ている入門書があって入りやすかった。西スラヴ語のポーランド語やチェコ語ほどではないにせよ、南スラヴ語もあまり種類はないながら良い本はいくつか出ているので、学習者や、自分のような語学オタクにとっては非常に有難いです。マケドニア語はベラルーシ語と同じような具合で、ほとんど本が出ていないのが悲しいですが。

 

スラヴ語に関しての本

 個別の言語について、良い本があるぞとか、あまりないぞとか、アレコレ書いてきました。それとは別に〈スラヴ語派〉について知る本がありまして、これもなかなか充実してます。三省堂からは『スラヴ語入門』が出ていますし、白水社からは『比較で読みとくスラヴ語のしくみ』もあります。黒田龍之助さんの書かれた『チェコ語の隙間』は楽しく読めるスラヴ語についてのエッセイ。

 スラヴ語の歴史に関して知ることのできる本もあります。『共通スラヴ語音韻論概説』や『古代教会スラヴ語入門』など。スラヴ語の世界は知ろうと思えば割と、とことん知ることができる。良い本がたくさんあるのが良いところだと思います。ただ、マイナーかどうかとは別の話。

スラヴ語はマイナーなのか

 ではでは改めて結論を。やっぱり、スラヴ語はマイナー言語だと思います。参考書についてひととおり書いてみると、良い本はあるのだけど物足りないというところに落ち着きます。ほかにも一冊の本としてとても優秀な参考書が出ている言語、あるいは言語のグループはいろいろあります。スラヴ語も含めそれらに総じて言えることは、「もうちょっと選べたら嬉しい」ということ。それは英語やフランス語やドイツ語などといったメジャー言語の充実っぷりにはどうしても及ばなくて、今のところは、単体でどれだけ良い本があっても、マイナー言語であると思わざるをえません。ロシア語も含めて。

 ところで、マイナー言語とはそもそも何なのか。〈minor〉を辞書で引くと「比較的重要でない」とか「小さいほうの」などと出てきます。本当は話者人口とか、学習者人口とかも調べた上で総合的に語るべきなんですけども。今回は参考書についてなので、「参考書の種類が少ない」言語という感じでしょうか。決して「重要ではない」とは思えないので、何か〈マイナー〉に変わるふさわしい呼び方があればほしいところです。

 参考書の数だけで言うなら、イタリア語もマイナー言語だと思ってます。でもイタリア語はTVやラジオで学習番組を放送したりもできるし、スラヴ語に対して「マイナーだ」というのとは何か感覚が違いますね。

 

 自分がスラヴ語をマイナーだと思うのは世間的な認知度がどうとかよりも、実際本屋や図書館に行ってスラヴ語関連の本を探したとき、もっと種類が充実しているメジャー言語の存在があるから。スラヴ語以外の言語についても、いろいろな要因で「あれはマイナー」「これはメジャー」と勝手に判断してます。

 例えば上にも書いた話者人口とか、あるいはTV放送のあるなしとか、アニメ・漫画などで取り上げられる数とかまで、様々な観点から言語の「メジャー」「マイナー」について考えてみると面白いかも。いつか調べてみたい。

語学ブログはじめました

 語学のことを書くためのブログを新設しました! 日本語、外国語、言語学、文字、ことばに関することなら何でも、思ったことを好きに書いていきたいです。

 タイトルは「かってな語学日記」にしました。漫画・アニメ・ゲームの感想を書いているもう一つのブログくろくろDictoinaryが、スフィアの「らくがきDictionary」という曲から取っているので、今回も同じ方法で、2ndアルバムに入っている「かってな成長期」から取りました。

 最初の記事を書こうとしたら、編集画面に「最初の記事を書いてみましょう」と、親切にもいくつかのテーマを提示してくださっているので、その親切に乗っかって最初の記事を書いてみようと思いますー!

かんたんな挨拶や自己紹介をしてみましょう

 はい。クロスケといいます。上にも書きましたが普段はくろくろDictionaryというブログで、漫画やアニメの感想を書いています。ツイッターも漫画やアニメのことばかりで、語学のことなんて微塵も呟いてませんが、実は語学も大好きなのです。

 語学に関しては昔「ことば好き日記」というブログを書いていたことがありました。アニメ感想ブログとの両立が難しくて、ほぼ更新停止状態になってしまったので消したんですが、やっぱり書きたくなってくるんですよね。いつかまた書きたいなぁと密かに思ってました。

このブログでこれから書いてみたいと思っていること

 こちらも上で書いたとおり、語学のことを書きたいです! 主にスラヴ語(ロシア語、ポーランド語、スロヴェニア語、etc)が好きですが、ことばに関することなら何でも興味あります。日本語、外国語、古代語、古代文字、言語学、方言、言葉の由来、などなど…。ことばについての興味関心あらゆることを含めて「語学」というのが自分の中のイメージです。

 前に語学ブログを書いていたときは、外国語学習の記録としても使ってましたが、ここでは学習記録は書かないと思います。最近はもっぱら気になったことを調べているだけなので。

新しいブログを始めるにあたって、意気込みを一言!

 毎週日曜日更新という目標があるので、それに向かって頑張ります! はてなブログ初めて使ってみて、慣れないところもあるので、勉強しつつ…。本格的な更新は来週からということで(逃

 ではでは、くろくろDictionaryともどもどうぞよろしくお願いします。