かってな語学日記

日本語、外国語、言語学、文字、その他いろいろな語学のこと

日本語の悩み

はじめに

 日頃文章を書いていて、日本語ならではの悩みにぶつかることがある。ひらがな、カタカナ、漢字の3種類の表記体系を混ぜて使っている、日本語ならではの困ったこと。今回はとりあえず2つほど。

ひとりひとり

 「それぞれ」「一人ずつ」のような意味での「ひとりひとり」。ふと使おうと思ったとき、どこまで変換するかで少し迷う。〈一人一人〉って書くとなんか変な感じがするので、結局のところ〈ひとりひとり〉か〈一人ひとり〉に落ち着くことが多いような気がするけど、実際自分でも毎回何て書いてるのか分かってない。

 大修館書店が運営する漢字文化資料館というサイトに、これに関連したQ&Aがあった(「一人一人」と「一人ひとり」とは、どう違うのですか?|漢字文化資料館)。ここでは無理に一つに決める必要はない、と結論付けられていて、それは確かにそうなんだけど、それでは若干納得できないような…。

 似たような問題で「こうたいごうたい」をどう書けばいいか迷ったことがあった。そもそも〈こうたいごうたい〉と打って変換しようとしても、上手く変換されない。それで、もしかして一般的な言葉じゃないのか? と思って検索すると、自分のほかにもどう書けばいいのか分からない人がいて安心した。「ひとりひとり」が〈一人一人〉と書けるように、こちらも〈交代交代〉あるいは〈交替交替〉と書けば良いらしい。〈交代〉と〈交替〉だと意味が違うのでは? と思ってたけどこれも調べたら勘違いで、『漢検漢字辞典(初版)』では一つの見出しにまとめて書かれている。

 どちらの場合も、漢字に変換しようとしたときに、違和感があった。でも多少の違和感は我慢して、漢字で書いたほうが、字数的にもスッキリしていいかもしれない。「こうたいごうたい」なんて全部ひらがなで書くと長すぎるし。ただ漢字ばっかり連続すると逆に読みにくくなることもあるから、また悩む。漢字が多いな~と思ったら〈ひとりひとり〉、ひらがなばかりになるな~と思ったら〈一人一人〉、間をとって〈一人ひとり〉とか、選択肢が多すぎる。自由に書き方を選べるのは良いところだけど、その自由さ故に悩んでしまうこともある…。完璧主義な私はどんな場合にせよ一つの書き方に決めたい! と思うのだけど、なかなか難しい。

 一人、二人、3人?

 ブログはたいてい横書き。横書きのときの数の表し方について、『新しい国語表記ハンドブック(第7版)』によると、原則としてアラビア数字(1234567890)を使う、ただし「ひとつ」「ふたつ」「みっつ」などと読む場合など、いくつかの場合には漢数字を使うと書いてある。〈1つ1つ〉〈2日酔い〉〈3日3晩〉のように書くのではなく、〈一つ一つ〉〈二日酔い〉〈三日三晩〉のように書くということ。

 しかしこれに倣うとすると、〈一人〉〈二人〉までは漢数字なのに、〈3人〉はアラビア数字になってしまう。どちらも人を数えているのに、漢数字とアラビア数字を混ぜて使うのが、どうしても変に感じてしまう。『新しい国語表記ハンドブック』には、〈一般〉〈一部〉のように数の感じの少なくなった場合にも、漢数字を使うと書いてある。そうなるとますます、漢数字とアラビア数字が混在する可能性が高くなる。そもそも「数の感じの少なくなった場合」とは!? 〈もう一度〉とか漢数字で書く場合が多いけど、〈一般〉や〈一応〉とかに比べると、割と数の感じが残っている気がするような。

 とはいえさすがに〈1般〉や〈1応〉などと書くのはおかしすぎるし、漢数字でしか書けないものもあって二つの表記法を混ぜて使うのは仕方ない、ということは分かる。でも〈1個〉はアラビア数字なのに〈一人〉は漢数字だとか、どうも変な感じがぬぐえない。そこで迷ってしまって、あるときには〈一人〉と書き、またあるときには〈1人〉と書くという、適当な感じで文章を書いてしまっている。それが自分にとって許しがたいことで、いつかは解決したいんだけど、これがなかなかに難しい問題。

 

 この問題をさらにややこしくする要素がいくつかある。「ひとつ」や「ふたつ」ではなく「いち」「に」などと読む場合はアラビア数字で書くのかというと、これがそうとも限らず、四字熟語の場合には〈一意専心〉〈二束三文〉のように漢字で書くのがふつう。書籍のタイトルも、〈第七版〉→〈第7版〉のように書き換えるのならまだしも、タイトルそのものは勝手に変えられない。森博嗣著『六人の超音波科学者』は縦書きでも横書きでも〈6人〉ではなく〈六人〉のままである。ここまでくると、『新しい国語表記ハンドブック』に書いてあるのは一体なんだったのか、という気さえしてくる。

 しかし、文章を書き続けていくのなら、何か一貫した決まりがほしい。適当に書くのはどうも……ということで、かくなる上は、(1)『新しい国語表記ハンドブック』に従って、多少の違和感には目をつぶって、〈一人〉〈1個〉のように書き分ける。(2)自分が違和感を持たないような書き方の決まりを、自分で作る。(3)時と場合によって〈こと〉と〈事〉あるいは〈とき〉と〈時〉などを使い分けているので、もっと柔軟に考えて、細かい表記の違いも許すことにする。このどれか。

 今は(3)に近くて、しょうがないかと半分諦め風味で、でもやっぱり違和感が~というところでウロウロしているような感じ。このまま違和感を受け入れていく方向になるか、(1)や(2)のように表記を統一できるかは今後の自分のやる気次第。

おわりに

 英語だったらこんな悩みはなかなかないと思う。日本語ならではの悩み。しかしこういうところが、日本語の面白いところでもあって、表記の使い分けは面倒だけど、言語学的には興味をそそられる。逆に英語には英語ならではの悩みがあったりするんだろうなとか、日本語の悩みにしてももっとほかにもあるはずで、今後も思い出したときにこうやって記事にしておきたい。